本文へスキップ

社会福祉法人 愛光会

「社会福祉法人 愛光会」は熊本市北区で様々な介護サービスを提供しています。

電話でのお問い合わせはTEL.096-348-0660

〒861-8075 熊本県熊本市北区清水新地3丁目5番33号

愛光会からのお知らせ・新着情報

1月郷土料理(神奈川県)
2023/01/27

1月の郷土料理は神奈川県でした。
献立は「梅ごはん、とん漬、焼売、けんちん汁、果物です。
とん漬のルーツは江戸末期にさかのぼる。当時の武士は、牛・豚・イノシシなど四つ足の肉を食べることを嫌っていたがある時、荻野山中藩(現在の厚木市近辺)に大勢の人が集まり、料理が不足してしまった。そこで何の肉か分からないようイノシシの肉に味噌を塗り焼いて出したところ大変好評となった。これがとん漬けの始まりだといいます。焼売:ア陽軒が南京街(現在の横浜中華街)で突き出しとして提供されていたシューマイにヒントを得て、具材に干し帆立貝柱を使い、冷めてもおいしい「シウマイ」を開発し、1928年に駅利用客に向けて販売を始めましたけんちん汁は現在では日本各地で食されていますが、建長寺では700年以上も前から食されており、一説によると、建長寺で修業した僧侶が各地に派遣されるとともに全国に広まっていったのだといいます。


七草
2023/01/07

今日、1月7日は七草です。
唐の時代には、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん/しちしゅのさいこう)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。羹はあつもの、汁という意味です。また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったといいます。
この風習が奈良時代に日本へ伝わると、年のはじめに若菜を摘んで食べ生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びつき、「七草粥」に変化していったと言われています。
今日の献立は「七草飯、魚の粕焼き、炊き合わせ、すまし汁、フルーツ」です


デイサービス
2023/01/03

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


お節
2023/01/01

明けましておめでとうございます。
朝から薄曇りで初日の出は見れませんでした(ノД`)・゜・。
午後からは良い天気で穏やかな1年なるような気がします。
栄養課では今年も、祝い膳を準備しました。
少しは、お正月気分を味わっていただけたらと思います。

朝食

昼食

12月郷土料理(滋賀県)
2022/12/26

12月の郷土料理は滋賀県です・
献立は「ひとかわ寿司、海老のかき揚げ、丁子麩の辛子和え、うち豆汁、りんごのワイン煮」です。
ひとかわ寿司は滋賀県蒲生郡桜川村でよくつくられ、色とりどりの具材を使い、何段も重ね押した寿司は豪華で、華やかである。数段重ねた寿司を一段ずつ取り、食すため、「ひとかわすし」と呼ばれています。丁字麩とは、マッチ箱をちょっと大きくしたサイズの四角い焼き麩で、6面全体が焼かれているため煮崩れせず鍋料理やうどんなどさまざまな料理に使用でき、また栄養価的にも植物性タンパク質が豊富で優れている。仏事などの精進料理には欠かせない食材で、もちもちとした食感になめらかな舌触りが特徴的です。打ち豆汁は琵琶湖の湖北地方や伊香郡などの冬積雪地帯で親しまれてきた食卓の味です。打ち豆は大豆を木づちで一粒一粒潰して乾燥させたものです。戦に「打ち勝つ」というゴロ合わせで、信長が好んで兵士に与えたと伝えられています。


クリスマスイブ☆☆
2022/12/24

今日は12月24日クリスマスイブです。
ホワイトクリスマスにはなりませんでしたが寒い一日となりました。
クリスマスが過ぎると、あっという間にお正月がやってきます。美味しい料理でちょっと心と身体を一休みさせて頂ければと思います。
今日の献立は「バターライス、ビーフシチュー、クリスマスサラダ、人参スープ、フルーツババロア」です。
おやつは今年も大野商事様から頂いたケーキです。サンタさんがのってかわいいケーキです。美味しく頂きました。




冬至
2022/12/22

今日は冬至。冬至とは、北半球において日の出から日の入りまでの時間がもっとも短い(=夜が長い)日のことです。
江戸時代の文献には「冬至にかぼちゃ」という内容の記述はなく、明治以降に生まれた比較的新しい習慣と考えられています。もう一つの冬至の風習が柚子湯(ゆずゆ)。この習慣は江戸時代からあったようです。
今日の献立は「混ぜご飯、魚の西京焼き、南瓜のいとこ煮、すまし汁、ゆずゼリー」です。

11月郷土料理(愛媛県)
2022/11/24

11月の郷土料理は愛媛県です。献立は「しょうゆめし、せんざんき、石花汁、みかんゼリー」です・
しょうゆめしは室町時代から炊き込みご飯を「しょうゆめし」と呼んでおり、お祝い事などの時に食べる郷土料理として親しまれてきました。松山地域に古くから伝わり、庶民のありあわせの具で作られた手軽な料理として、昔はお客さんが来た時、おもてなしのためにつくっていたそうです。せんざんきは鶏料理が盛んな東予地方(主に今治市辺り)の郷土料理です。鶏のいろいろな部位の骨付き肉を使った揚げ物料理で、江戸時代、近見山のキジを捕獲し揚げ物にしたことが始まりといわれています。 現在では鶏肉が用いられていますが、鶏を丸ごと千のように斬るため「千斬切(せんざんき)」と呼ぶようになったそうです。石化汁は今治市大島の石文化を伝える郷土料理です。大島の石切場で手近な石を使って昔からつくられていたもので、寒い冬の凍てつくような石切り場で少しでも身体を温められるように、保温を考えた職人の知恵と工夫でできた賄い食です。10種類以上の食材が入り熱く熱した石を入れ、この石を入れた時に一気に湯気が上がりぶくぶくと沸き上がった様子がまるで花が咲いたように見えることから、また、入れた豆腐がくずれて花が咲くように見えることから「石花汁」の名が付いたといわれている。


開設記念日
2022/11/01

今日は、あいこうの開設記念日です。22回目の誕生日です。これからも地域に開かれた施設でありたいと願っています。
本日の献立は「赤飯、豚の角煮、刺身、天ぷら、白和え、すまし汁、果物」です。



おやつ

10月行事(ハロウィン)
2022/10/29

今月の行事食はハロウィンです。
ハロウィンは毎年10月31日に行われる行事で、古代アイルランドに住んでいたケルト人が起源と考えられているお祭りです。現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。カボチャをくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりします。
今日の献立は「バターライス、鶏のマスタードデミグラスかけ、茸と柿のサラダ、パンプキンスープ、キャラメルりんご」です。
お肉の付け合わせの紫色の物は普通のじゃが芋に紫芋を混ぜてマッシュポテトにしています。



サービス内容(施設・事業のご案内)