本文へスキップ

社会福祉法人 愛光会

「社会福祉法人 愛光会」は熊本市北区で様々な介護サービスを提供しています。

電話でのお問い合わせはTEL.096-348-0660

〒861-8075 熊本県熊本市北区清水新地3丁目5番33号

愛光会からのお知らせ・新着情報

7月行事食(土用丑の日)
2024/07/20

あいこうでは少し早いですが、本日鰻を提供致しました。
「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。
「丑の日」というのは、昔の暦では日にちを十二支を用いて数えられていたそうで、土用の期間に回ってくる丑の日を「土用丑の日」と呼ぶそうです。
この「土用丑の日」に鰻を食べるようになったのは、諸説ありますが、「夏は鰻が売れない」と悩む鰻屋の声を聞いた蘭学者の平賀源内が、「『う』から始まる食べ物を食べると夏負けしないという風習がある。店先に『本日丑の日』という張り紙をしなさい」と助言をし、その張り紙の効果で鰻屋が大繁盛したことが始まりとされています。
皆さんも鰻を食べて、暑い夏を乗り切る元気を付けましょう!



7月郷土料理(和歌山県)
2024/07/18

7月の郷土料理は和歌山県でした。
献立は「豆ごはん、魚の梅南蛮酢漬け、さつまいもの磯煮、僧兵汁、醤油プリン」です。
和歌山県では県内の多くの地域でえんどう豆が栽培されています。春になると米が少なくなる一方で、えんどう豆が収穫期を迎えるため、米に豆をたくさん入れて増量したことが豆ごはんのはじまりとされています。また、和歌山県の梅の出荷量は全国1位であり、県を代表する特産物の1つとされています。これからの暑い時期にぴったりの梅を南蛮漬けに取り入れました。さつまいもの磯煮は、和歌山県の学校給食で提供されたレシピを参考にしています。米作りに適さない土地で作られたいもと紀伊水道沿岸で盛んにとれていたひじきを取り入れた、地元の漁師さんが良く食べられていた郷土料理です。僧兵汁は、肉や季節の野菜をふんだんに入れた、味噌仕立ての汁物です。武装した僧侶たちの間で力のつく食事として食べられていたのが由来とされています。少酢プリンですが、和歌山県湯浅町は、日本の醤油発祥の地だそうです。プリンといえばカラメルソースが定番ですが、みたらし風にアレンジした醤油のソースをプリンにかけました。
梅雨がようやく明けそうなじめじめとした季節でもさっぱりと食べられる献立でした。



7月行事食(七夕)
2024/07/08

あいこうでは1日遅く七夕の行事食を提供いたしました。
献立は「いなり寿司、天ぷら盛り合わせ、夏野菜のお浸し、素麺汁、七夕ゼリー」です。
暑さが急に厳しくなりましたが、見た目も色鮮やかで季節らしさを感じられるメニューでした。
七夕ゼリーは、焼き菓子で良く使われるアラザンを砕いて、天の川の星をイメージして作って頂きました。




6月郷土料理(新潟県)
2024/06/25

6月の郷土料理は新潟県でした。
献立は「タレかつ丼、佐渡の煮しめ、いもみそ、いわしのつみれ汁、白桃ゼリー」です。
タレかつ丼は、揚げたてのカツをソースに潜らせ、白米の上に乗せた新潟県のソウルフードです。
佐渡の煮しめは、焼きあごの出汁で、野菜や昆布、焼き豆腐などをじっくりと煮た郷土料理です。汁が残らないほど煮しめることから「煮しめ」と呼ばれています。
いもみそは、里芋を出汁と味噌で煮たシンプルな料理で、粒の小さい里芋が多く収穫された時は、よく家庭に並ぶ料理とされていたようです。
いわしのつみれ汁は、新潟県では昔は鰯が大量に獲れており、すりおろしてだんご状にしたものを汁に入れて食べるなどして親しまれていた料理です。
旬の桃を使った白桃ゼリーは、甘くて美味しいと、ご利用者様にとても好評でした。


父の日 デイサービス
2024/06/15

今日のお昼は父の日メニューでした。
みなさん喜んで召し上がられました。
おとうさんいつもありがとう♪






6月行事食(父の日)
2024/06/15

あいこうでは1日早いですが、父の日メニューを提供しました。
献立は「焼きとり丼、おつまみ三種盛り、牛すじ大根、すまし汁、ビール風りんごゼリー」と居酒屋風のメニューでした。
ビール風りんごゼリーは、本物のビールのような見た目でしたので、皆様「乾杯!」と器を持って笑顔で食べられていました。




オレンジカフェ岩倉台
2024/06/14

本日のオレンジカフェ岩倉台は「よもぎを使った草木染めを作ろう!」でした。まずは、よもぎの葉と茎を細かく切り、煮出しました。その間に、ハンカチに模様を作るため、所々を糸でぐるぐる巻きにします。染液でハンカチを煮ている間は、よもぎの良い香りが漂い、「どんな模様ができるかな?」とドキドキしました。洗って糸を解くと、とても綺麗な模様が浮かび上がり、参加された方は大変喜ばれていました。




出前の日 デイサービス
2024/06/04

今日は出前の日でした。
「頂キ寿司」の新鮮な握り寿司を召し上がり、お腹いっぱいになりました♪




5月郷土料理(宮城県)
2024/05/24

5月の郷土料理は宮城県でした。
献立は「たけのこご飯、鶏肉と仙台麩の卵とじ、なす炒り、仙台芋煮、ずんだプリン」です。
鶏肉と仙台麩の卵とじは油麩を使った料理で、地元の旅館のおかみが考案したメニューです。カツ丼のカツの代わりに油麩を使用されているので、油麩の風味が存分に生かされており、B-1グランプリにも参加したこともある料理で全国的にも知られています。宮城県では、仙台長なすという品種のなすが有名です。栄養価の高い茄子を皮ごと調理した「なす炒り」が家庭料理としても親しまれており、家庭によって調理方法が異なります。芋煮と言われると山形県が有名ですが、宮城県でも芋煮は郷土料理として昔から親しまれているそうです。味噌ベースの芋煮であることが、特徴です。ずんだプリンのずんだとは、諸説はありますが豆を打つ音「ずんだ(豆ん打)」を表したなどの説から、付けられた名前とされています。ずんだは作るのに手間がかかるため、家族総出で作ることが多いそうです。あいこうでは、皆様に食べて頂けるように、ずんだプリンとして提供いたしました。
皆様から「美味しかったです」とご好評のお言葉を頂きました。


梅酢作り デイサービス
2024/05/21

今年もあいこうの梅の木に梅がなりました!
今年は裏年のようで収穫は少なかったのですが、利用者様と一緒に梅酢作りをしました。
出来上がったら梅酢サイダーにしてみんなで飲みたいと思っています。





サービス内容(施設・事業のご案内)